神社巡り

令和2年(2020)6月

 

 

 

 今月もコロナの月でした。というより、コロナ生活が日常化

しました。 マスクの着用、手指の消毒、食堂での透明ついたて、

ビニール幕越しの支払い、新規感染者数の毎日の確認、生きてい

る間にこんな事を経験するなんて。

 父母から聞いた、1935年から1945年までの、日中戦争から第2

次世界大戦を生き抜いた人々もこんな風に日常生活が変化したんで

しょうね。でも、死者数はずっと多かったでしょうし、死と隣り合

わせで、飢餓にも苦しんだでしょうから、今回のコロナはたいした

ことないか。

 飲み屋に行きにくく、他府県への旅行もはばかれるので、つい家の

近くをブラブラすることになります。

 今月は京阪枚方市駅近くの「意賀美神社」と道に迷って出くわした、

枚方村野の鎮守の杜「村野神社」を写真に撮りました。二つとも小高い

丘の上にありました。

 今後、家の近くの神社を少しずつ回ってみようかな、由緒書きを読むの

も楽しいし。

 

 

 

村野.jpg

意賀美.jpg

 

 

 

 

 

 

コロナな日

令和2年(2020)5月

 

 

 

 今年5月は、休日もゴールデンウイークも、じっとして

いました。野崎参りも、くろんど池への散策も行きません

でした。鉄道旅もドライヴにも出かけませんでした。そし

て代わりに、ご町内を歩いたり、庭のガーデニングをしま

した。 あるいは、酒とたばことコーヒーが増え、連れ合い

に叱られながら冷蔵庫の中の物をつまみ、地上波とBSとケー

ブルテレビを、チャンネルを握ったまま、飽きず眺めた日々

でした。

 健康と不健康が折り重なったホームステイでした。

 

 東京発の情報、例えば渋谷スクランブルや新宿の情景、威勢

のよすぎる政府発表のニュース画面などは遠いうわの空で、逆

に関西の情報、大阪府知事の発信などは、現実的で身近でした。

 本当に、人と会うことが少なかった。

 

 新緑の ホームステイや コロナな日

 コロナな日 ガーデニングに 風薫る(じろう)

 

 

 

IMG_4708.jpg

 

 

 

 

コロナ禍

令和2年(20204 

 

 

 

コロナ禍が続いています。 

なかなか終息しませんね。 終息には 

2年ほどかかるとテレビが言ってました。 

 郊外に暮らしていると、のどかなGW

の風景が広がります。行きかう人はみな 

マスク。 

 うつさない うつされない を守りたい 

と思います。


  



 

 IMG_4697-4.jpg

IMG_4701-4.jpg



 

    

戒厳令下

令和2年(2020)3月

 

The novel COVID-19 outbreak.

武漢肺炎冠状病毒疾病衝撃全球

東京五輪延期に。

 

 桜が咲き始めたのに戒厳令下にあるように

外出ができません。居酒屋で、たわいのない

話で盛り上がりたいのに。

 この災厄(ウイルス)の意味を形而上学的に

感じるのか、あるいは、今朝の新聞で目にした

「我々は今までに見たことのないショッキング

な経済データを目にすることになるだろう」と

身構えるのか。

 まぁ、淡々と日常をこなしていくだけです。

得意の「その日その日をお気楽に送ることを第一

となす」と。

 

 

 IMG_4659-4.jpg

IMG_4668-4.jpg

 

 

 

 

 

 

 

新型コロナウイルス

令和2年(2020)2月

 蚊帳 (2).jpg

 

 

 

 オリオン座の肩のところで輝く恒星「ベテルギウス」

に爆発の予兆と、先日の新聞に載っていました。

爆発は明日かもしれないし100万年後かもしれないとも。

その星の大きさは太陽の約千倍だそうです。

アフリカで「ヒト」が250年前に石器を使い始め、我ら

の祖先「ホモ・サピエンス」は7万年前にアフリカの外へ

出たといわれますが、兄弟姉妹の北京原人もジャワ原人も

クロマニヨン人もネアンデルタール人も、その子孫はみな

途絶えてしまいました。なぜ、「ホモ・サピエンス」だけが

生き延びたのでしょうね。ちなみに、ネアンデルタール人は

20万年生き続けたそうです。

 コロナウイルスという疫病が広がっています。そのため世界

的なサプライチェーンに打撃が出ているそうです。グローバル

ゼイションとは、アメリカン・スタンダードだと思っていました

が、チャイナ・スタンダードでした。

 

 わたくし、酒くらって毎日ぼんやり過ごしていますが、

世の中じつは大変なことばかりの連続なんですね。来月

から学校はお休みだそうです。それに、南海トラフ地震が

起こるかもしれないし、少子化だ高齢化だ過疎化だ地球温

暖化とか、日本の公的債務がいつ暴発するかだとか。

まぁ、市井の庶民としては、のりを超えた問題なんですが。

 

 税金申告の時期で、消費税申告書の説明書を読みながら

付表を埋めていこうとしたんですが、3時間たっても確信が

持てない。税額は最初から出ているのに付表が埋まらないの

です。 翌日、e-taxでon lineでやったら、10分でできて

しまいました。

 

 

蚊帳 (1).jpg

 

 

 

 

 

謹賀新年

令和2年(20201 


 

 



星田戎.jpg

明けましておめでとうございます。 

本年もよろしくお願いします。 

 

 

 

 

 

 

 

 

 キャップIMG_4613.jpg

恭賀 壕マ過半完全執政 小英狂勝

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

上町台地

令和元年(2019)12月

 

IMG_4573真言坂.jpgIMG_4581源聖寺.jpg

 

 

 

 大阪市内、「上町台地」を散策してきました。

地下鉄谷町線の谷九で下車し、谷町筋から千日前通を

松屋町筋に向かい、途中「真言坂」を登り、生國魂神社

境内を散策、それから「源聖寺坂」を下り、左にずっと

寺の門を見ながら松屋町筋を南下、「学園坂」まで来て、

そこを左折し、谷町筋の六万体まで出て、最後は、四天

王寺に参拝して、JR天王寺駅から環状線に乗って帰って

来ました。 ちょっとした、遠足。

 

 今年一年、お世話になりました。ありがとうございます。

 

 

IMG_4582学園坂.jpg

 

 

 

 

 

入院

令和元年(2019)11月

 

 

 IMG_4568-2.jpg

 

 

 

 

 

 10月に軽い手術を受け、今月も入院手術だったので、

気の重い月でした。前夜から絶食して手術開始の夕方

まで、所在なげに病室で待っていました。

手術後しばらくの間、激しい運動や重いものを持ち

上げないとか、消化に良い食事とか、抽象的に注意事項

を言われても、よく分かりません。「一週間は出血予防の

ため、お腹に力を入れる動作(運動、力仕事)や旅行を

避けてください」「消化に良いものを食べ、辛いものは避

てください」これが、2か月も続くと、まいります。

アルコールもだめなんです。何となく、おなかに力が入り

ません。

 

季節はもう、冬ですね。

 

 IMG_4571-2.jpg

 

 

 

 

 

 

ラグビー・ワールド・カップ No.3

令和元年(2019)10月

 


 

 ラグビーワールドカップ、日本チームはすばらしかった

です。すごい。

 にわかファンでしたが、私、十分楽しませていただき

ました。日本全国12会場と、各チームの各々のキャンプ

地、祝祭は列島中に盛り上げました。

 興行といっても、何となく素朴で純粋で、一都市開催で

なく、日本列島全体なので、一極集中の日本には良いこと

に思えました。

 私の観戦の場合、台風にも影響されて麦わら帽子と雨具

同じ試合に必要になったり。

 ハーフタイムにウエーブが、スタジアムを3周したり。

 国によって、お国の特色が応援に現れたり。アメリカ人

なんか、ハローウィーンですね。

 今日、イングランドとニュージーランド戦が行われます。

しみです。

 次の「ラグビーワールドカップ」日本開催は、100年後

かな?

 

 話は変わりますが、地球温暖化ってすごいことですね。

私に何ができるのか、考えていきたいです。火力発電所や

原子力発電所の設備を作ってしまったので、その費用を償却

するために、またそこで働く人の雇用を守るために大きな

方向転換は、すぐにはできないというのでは、本末転倒です

ね。

 これだけ夏の気温が上がり台風が大型になると、考え込ま

ずにはいられません。今は洪水ですが、干ばつだってありう

るでしょう。

 2020東京オリンピック「マラソン大会」は、亜熱帯地方

の東京では、8月には主催できないそうです。

 年々秋の季節は短くなって来ているようです。

そろそろ夏物をしまって、冬支度をしなければなりません。

 

 今まで、ガラ携とi-padを使っていたのですが、ガラ携が

古くなったので携帯電話をi フォンに替えました。



     IMG_4547 (640x427).jpg

 

 

 

    

ラグビー・ワールド・カップ No.2

令和元年(2019)9月

 

 

 IMG_4498 (640x427).jpg

 

 

 

 

 

 

 昨日、花園ラグビー場でワールドカップを観戦して来ました。

にわかファンなので、ルールはよく分からないのですが、十分に

堪能しました。肉弾がぶつかり合う音、場内の歓声、選手のうめき

声、トライの後の歓喜の表情、ビールの味。

 天候は、暑かったり、土砂降りの雨が降ったり、風が強かったり

と台風の影響で大変でしたが。

 イタリアとナムビアの試合でした。実を言うとナムビア国の地図

上の場所も知らず、試合が始まって初めてその国を聞いて知り、ア

フリカの西端の南アフリカの上にある国だということを知りました。

 楽しかったです。まだ3回楽しめます。オリンピックと違ってラグ

ビー・ワールド・カップは日本の12都市で開催されるので、素晴らし

いとも思います。

 

 

IMG_4510 (640x427).jpg

 

 

ラグビー・ワールド・カップ

令和元年(2019)8月

 

 

 

                                          IMG_4496 (427x640)4.jpg

 

 

 

 4年前、イギリスで開催されたラグビー・ワールド・カップをテレビで

見て、「なんじゃ、こりゃぁ」と、思ったわけです。

 相撲部屋の力士達が一門をかけて、ぶつかり合っているのです。相撲

取りがグランドを全速力で走っているのです。不思議なスポーツだなぁ

と思ったわけです。

 一度なまをみてみたいなぁとその時思いました。それが今年は東大阪の

花園で4試合あると聞き、たとえ外野の一番後ろの席でもいいやと思いつつ

チケットを手配してもらいました。

 それが、写真の首から下げる式のチケットです。

 9月22日のイタリアとナンビア戦から私の観戦は始まります。すっごく

楽しみ。

 

 

 

道の駅

令和元年(2019)7月

 

 

 

 ドライヴの途中に道の駅に寄るのは楽しいものです。今回は

風呂のある駅に寄りました。

 

 自動販売機に510円を投入して入場券を購入し、カウンター

で手渡し、中に入ると、ずいぶん広いホール。多くのソファ、

畳敷きの空間、マッサージ器、ペットボトルの自販機などがあり

ました。

 脱衣所で服を脱ぎ、男湯に入ると、内湯、薬湯、バブル湯、

サウナなどがあり、ガラスの向こうには露天風呂がありました。

 私はふだん「カラスの行水」なのですが、頑張って30分間、

内湯から始めて、すべてを試してみました。

 露天風呂がよかったです。塀越しに見える雨に濡れ青々とした

樹々を眺めながら、澄んだ空気の中、ゆっくりと体を伸ばしました。

 風呂から出てソファに座り、ペットボトルの冷たいお茶を、窓の

外の赤い橋や森を眺めながら、飲みました。

 お昼だったので、隣の蕎麦屋に入って、750円のきつねそば(た

ぬきそば)を注文しました。メニューの写真には天かすも入ってい

たので、天かすは要らないといいました。関東ではたぬきそばを注

文すると、お揚げさんの代わりに天かすが入ってきます。味は、まあ、

こんなもんでしょう。ひなびた味。

 

 道の駅には、その地方の特産品あるいは取れたての野菜や果物が

並んでいるので、見るだけでもその地方を身近に感じられます。

 

 

 

IMG_4485 (640x427).jpg

IMG_4489 (640x427).jpg

 

 

 

 

 

 

玉城デニー沖縄県知事

 

令和元年(2019)6月 

 

 

 

 友人にさそわれて大阪大正区役所前の区民ホールに行きました。 

沖縄県人会等の主催で、玉城デニー沖縄県知事と語る会が催された 

からです。 

 最初に壇上にはあでやかな沖縄びんがた衣装の女性の方々、渋い 

和服の男性達が三線と太鼓の伴奏で沖縄民謡を披露、かぶり物をか 

ぶった女性の踊りが続きました。 

 

 知事が登壇し、沖縄21世紀ビジョンの取り組みと成果、経済の現状、

基地のことなどを話されました。 

  

 記憶に残った言葉は、私たちは反米でも反基地でもありません。 

ただ基地が多すぎるので風呂敷に包むようにしてお返ししたいのです、 

また知事が米国の沖縄県人会に行った時、むこうの皆さんが自分の

前のミドルネームに与那嶺とか大城とか宮里とかの名前を残して

いるのを知ってすごくうれしかった、などです。 

 父親が米国人と聞く知事には、アイデンティティに悩む青春時代が

あったのでしょう。 

 

 主催者に沖縄から自分のギターを持って来てくれといわれまして、 

と言いつつ弾き語りで「Stand By Me」を歌ってくれました。 

 

 エイサー踊りが始まり、壇上も下も、指笛も加わり、大いに盛り上 

がりました。 

 

 テーブルごとに知事と集合写真を撮りました。気さくで陽気な人と 

なり。 

 

場内で時々耳にする沖縄方言、不知道ですが。 

 

 テーブルにはオリオンビールと泡盛、沖縄料理と楽しい時間と場所 

でした。 

 

 

 

IMG_0110 - コピー (640x404).jpg

 

  

 

 

 

 

選択

令和元年(2019)5月 

 

IMG_4476 (640x427).jpg

 

 

 

 

 

 ゴールデンウイークの平成から令和への休みに、なんとなく 

クライアント(要望)とシステムエンジニア(設計・デザイン) 

とプログラマ(作成)との関係性を考えてみました。 

 クライアントはコンピュタを通して何らかの問題を解決した 

いと要望し、それを受けてSEは設計もしくはデザインの指示書 

を作成し、PGはその意図した処理をコンピュタに指示し与える 

関係性なのかなと。

 

 デジタルビットあるいは集積回路は2進法なので「YesNoか」

OnOffか」「10か」の選択は、トルグスイッチで済んで

しまう。

 

 19世紀のデンマーク人、キエルケゴールは実存的に「あれか、

これか」を考察しました。生身の人間の人生の選択はトルグスイ

ッチほどかんたんではないですよね。

 禅宗の「あれか、これか」善と悪、美と醜などの対立は、えい!

やあ!と「根底からひっくり返し」止揚してそこに悟りを得よと

言う。(だから禅宗は小むずかしい)

 

 AIやIOTがどれだけ発達しても、AIやロボット自体は、

あなたにお金を払ってくれません。お金を払ってくれるのは「人」

なので、「人」がお金を払いたいと思う仕事を見つければ、21世紀は

食えるにちがいない、とも思いました。

 

 

 

 

 

先例がない、及び値切り文化

平成31年(2019)4月

 

 

 「先例(前例)がないからだめだ」とよく聞く。

前例がないなら新しく工夫すればよいし、新しい

制度を作ればいい。新しい物なり新しいサービス

を考案すればいい。社会が良くなればいいし、皆

のニーズに合えばいい。

 前例がない、今までそのようなことはなかった、

だから認められない、という態度はきらいです。

 

 

 大阪では価格を値切ります。そうして、ナンボ

値切ってんで、と自慢します。家電や衣服、家具、

食料、商品など実体(ハード)から、サービス、

文化、情報、アイデア、ストーリーなど無形(ソフ

ト)に産業構造がシフトして来ているのに、アイ

デアや情報、サービスを値切っていては、事業者は

大阪を去ってしまうでしょう。

 

 

 

 またや来む 傍示の川辺 花のみち

       孫と過ごせし うららかな日よ

 

 IMG_4458 (640x427).jpg

 IMG_4461 (640x427).jpg

 

 

変化する働き方

 

平成31年(2019)3

 

 

 

 

運転中携帯が鳴り信号で止まりすばやく言う。 

 「運転中なので5分以内にTelする」ネパー 

ル人のナワンからだった。コンビニの駐車場に 

車を止め、久しぶりだと思い何か用かなと思い 

つつTelする。

  「どうしているかと思って?」と彼。それから 

たわいのない会話。彼とはいわゆる友達の友達は 

友達という関係で、10年ほど前に彼が大阪を離れ 

てから会う事もなかった。 

 今は愛知県の豊田市に暮らし、自動車関連の工 

場で働いているとのこと。ネパール人の女性と結

婚し、子供が二人いること。教育の関係で妻と子 

供はネパールで暮らしていること。カトマンデュー 

で土地を購入したこと。カトマンデューの土地も 

今はすごく高くなっていることなど。 

 彼の家系はもともとチベット人で両親が、中国 

人民軍がチベット制圧をしたチベット動乱の時、 

ヒマラヤ山系を苦労して越えて、逃れてネパール

にたどり着いた家族なんだ。 

 だから彼は教育をチベット亡命政府のあるイン 

ドのダラムサラで受けた。 

 ダライ・ラマを尊敬していたし、実際東大寺で

遠くからダライ・ラマを見たときは感激したらし

い。 彼の最初の結婚式にも出たし、その当時は

好奇心もあってたびたびネパール人のパーティに

も出た。

 「親父さん元気?」と私。「3年前に亡くなりま

した。死に目には間に合いませんでしたが」と彼。

 

 「今度ネパールへ一緒に行きましょう」との彼の

さそい。「うーん」返事ともいえない返事の私。

 

 

 

 働き方改革とか、外国人労働者35万人の受け入れ

とか、携帯電話の変化みたいに世の中急速に変わって

いっているようです。

 「IT人材」獲得競争に見られるように、もはや新卒

一括採用、年功序列制、終身雇用制は世間で通用しない

ようです。でも、中小零細企業では中途入社なんか当た

り前だし、前もって総合職(将来幹部候補)と条件を付

けて雇用しないし、また職務で雇用するので、たいした

ことないか。

 

 

 孫娘が2度も立て続けに高熱を発し、1度なんかは入

院する仕儀になりました。

 

 

 

  IMG_4444 (640x421).jpg

 IMG_4439 (640x427).jpg

 

事故

平成31年(2019)2月      

 IMG_4414 (640x427).jpg

 

 

 

 

 

 曇り空の強い風が吹くある日の午後、回転寿司で昼食をとり事務所に

戻る途中、信号のない横断歩道に自転車を押して渡る女性が見えたの

で、車を止めました。

 そのとき車の後方左でバーンと音がし車が揺れ、振り返ると、私の車に

グレイの車がバックでぶつかっていた。

 車を降り相手に私が停止していたことを確認させ、なぜバックでぶつか

ったのかを尋ねると、道に迷ってあわてていて後方を確認していなかった

と言う。(アァ、現場立会イデ時間ヲ無駄ニスルナァ)

 彼は携帯で保険会社に連絡しだした。それを聞きながら、保険を使う

なら事故証明が必要なこと、つまり警察に連絡しなければならないこと

言ったが、彼は保険会社との連絡を優先させているので待つしかない。

 それから私が110番して、警察の来るのを待ちました。

 しばらくして、バイクに乗ってお巡りさんが来ました。事情を説明。運転

免許証、車検証、住所、名前、電話番号等々を、お巡りさんはバイクの

座席の上に書類を広げ記録し、交通事故報告受理番号をくれる。相手

連絡先を交換し別れました。

 この間、外に立ったままだったので、すごく寒かったです。

 

 相手の保険会社からの電話を待ち、話会い。トヨタ店に行って、修理

の見積もりをし、相手保険会社の手配する代車が、店に来るまで数日、

連絡を待つ。店へ代車を取りに行き、自分の車の中の荷物を代車に移

し替える。修理に1週間かかると言われました。

 

 代車は同車種を頼んでいたが、同じ車だけど、微妙にボタンやダイヤ

ルが違うし、鍵が旧式だったりバックガイドモニター(後方画面)が見に

くいし、不便きわまりなかったです。

 

 今朝連絡をもらい、修理が終わって車がトヨタ店に帰ってきていると

知り、店に行き、荷物を入れ替え、帰って来ました。

 

 なんてじゃまくさい作業だったろう。えらい迷惑な。トヨタ店への数次

の往復や運転の不便さを補償対象にしてほしいわ。ほんま邪魔くさか

った。まぁ命に別状なかったから、良しとしよか。ぼやきです(笑)

 

 

 

 

 

 

 

謹賀新年

平成31年(2019)1月

 

IMG_4391 (640x427).jpg

 

 

 

 

 

 新年明けましておめでとうございます。

 

 本年も宜しくお願い申し上げます。

 

 平成は昭和を終わらせるための30年だった、

と言う人もいるそうですが、さて新しい時代は

どうなりますことか。

 

 心機一転、新しい時代をたくましく生き続けたい

と思います。

 

 

 

 

大晦日

平成30年(2018)12月

IMG_4389 (427x640).jpg

 

 

 

 

 

 

 

 会員の皆様・友人知人・事務所のスタッフの皆様、

この一年大変お世話になり、ありがとうございました。

 どうぞ良いお年をお迎えください。

 

 

 それにしてもデジタル社会の進化はすごいですね。

今年は自然災害と、デジタル化に基づくソフトウエア―

(コンピュタープログラム)の進化と改変に、驚かされた

年でした。

 

  来年春には、働き方改革(時間外労働規制、有給

休暇の計画的付与、正規・非正規労働者の不合理

待遇禁止)と、外国人労働者受け入れ等が施行され

ます。 忙しくなりそうです。

 

 初心に帰って、会員企業の健全な発展とそこで働く

従業員さんの福祉の向上に、全力で頑張りたいと思い

ます。

 

 

 

 

 

 

 

 

菊花展

平成30年(2018)11月

 

 IMG_4378 (640x427).jpg

 

 

 幼馴染とその連れ達と岐阜県揖斐川町

徳山から狭い林道をドライブ、標高1200

mほどの県境の冠峠も越えて、福井県池田

町へ、紅葉狩りをしました。

山の両斜面は、それは素敵な紅葉・黄葉でした。

途中幾度も車を止め、湿った山の空気を嗅ぎ、写真を撮り絶景を

堪能しました。翌日徳山ダム湖を水資源機構の作業用船で、作業車

が4台も積載可能な大型船なのですが、今は沈んだ戸入村を回り、

絶壁の岩肌の紅葉、湖面から突き出た樹々の林立、小雨のなか船上

から秋を眺めました。

 

 枚方市の「花」は菊と桜です。この時期になると事務所から駅に

通じる枚方市役所の敷地内にいっぱいの観賞用菊が展覧されます。

あまりに普通なので、大きな感動もなく、毎年普通に見て通ってい

ます。

 

 細見美術館で、「春画とこっけいの世界展」を観て来ました。いざ

なぎ・いざなみ以来、先人は性に鷹揚(おうよう)です。

 

 京都近代美術館で「藤田 嗣治」展を観ました。好きな画家のひ

とりです。すごい企画展で、初期から晩年までの多数の作品が年代

的にそろえられていました。「Café」はデッサンと完成画が並べて展

示されていました。売店で「Café」の絵葉書1枚120円を購入し、

帰ってアルバムに入れ、なんとなく悦にいりました。

 

 奈良興福寺の中金堂が再建されたと聞き行きました。新築なので

古刹の風情は皆無でしたが。朝晩は冷えるのに、その日、午後は汗

ばむ程の陽気でした。

 

 

 

 

 

 

働き方改革

平成30年(2018)10月

 IMG_4366 (427x640).jpg

 

 

 

  本年6月に成立した働き方改革法は長時間労働

の是正や多様で柔軟な働き方の実現などを目指して

いるそうです。

 来年4月から主要部分が施行されます。

 IMG_4367 (427x640).jpg

 先日知人からアメリカのストライキのビラをもらいま

した。「one job should be enough」 一つの仕事

で充分生活はできるべきだ、という意味だそうです。

二つも三つも仕事を掛け持ちしないと生活ができない

のは、おかしいと。

 

 今回の「働き方改革実行計画」(平成29年3月28日)では、

副業・兼業の普及促進を図っています。そうして厚労省はモ

デル就業規則を改訂し、副業・兼業について原則自由の規

定を新設しました。

 私個人は終身雇用制に反対の立場です。一つの企業に一生

縛られるなんて!

 

 男女共同参画、70歳までの就業促進、外国人労働者の受け

入れ、兼業・副業の促進等、余程労働力が不足して行くんでしょ

うね。

 

 厚労省が使用していた、夫は外で働き妻は専業主婦で子供は

2人というモデルは完全に歴史になったようです。

 夫婦共稼ぎで仕事は掛け持ちでそれでも生活はギリギリの世

の中になっているのかもしれません。

 

 「障害者雇用3,700人水増し、中央省庁28機関、検証委が報

告書」これは日経10月22日夕刊の見出しです。義憤を感じます。

民間企業は障害者一人当たり不足したら月5万円年間60万円の

費用が生じるので企業経営的にも努力しているのに。

 最近の行政は腐っていますね。公文書改ざん、書類は廃棄しま

した、お答えできません等々。

 国家をだんだん信用できなくなることはいけないことです。

 

 

 

自然災害

 

平成30年(2018)9月

 

 

 9月4日、午後2時から午後4時頃まで、大阪地方を猛烈な台風21号が

襲いました。 朝は晴れだったので、いつものように車で事務所に向かい

ました。

ほかの職員は電車が止まったため休みました。私一人が留守番をするこ

とになりました。午前中には大阪労働局や日本年金機構から電話があり

ました。電車が運休でもさすが行政は動いているんだと、変に感動。

 台風通過中は、こわかったぁ。すごかったです。ビルは揺れるし雨風は、

プラスチックごみやペットボトルやわけのわからない物と一緒に、窓の外を

横殴りに飛んで行くし。窓を直撃したらどうなるかと。

台風もおさまって帰り道、信号は停電していたり、ひん曲がってあらぬ方向

を向いていたり、のろのろ運転。道路上に物が散乱し、両側の家や看板が

崩れ落ち、街路樹が倒木。

 

 その翌日(9月5日)、関西空港の浸水と連絡橋の破損のテレビ番組がいっ

ぱい。 陸の孤島になって乗客が取り残されたらしい。南海トラフ地震が起き

たら関空は水没してしまうんじゃないかなぁ。

 

そのまた翌日(9月6日)台風21号のテレビ番組が、今度は北海道胆振地方・

厚真の地震情報一色になりました。

 

 今夕(9月30日)台風24号が関西を襲うそうです。

 

 

                     IMG_4321 (640x427).jpg              

 

 

 

 

 

 

 

月夜

平成30年(20188 

 

IMG_4307_1.JPG        

    


    



 

 今年の8月は例年になく高温で、げんなり、していました。 

盆休みは土曜・日曜を含めて5日間あったのですが、クーラーのもと

高校野球を観て過ごしました。 

 ずっと吐気と下痢が続き、お医者さんに3種類の整腸剤や、抗生剤

をもらって飲んでいましたが、なかなか改善しませんでした。 

猛烈な暑さはいつまで続くのでしょう。  死にそう。 

 

 昨晩、孫の「お食い初め式」に参加した帰り道、空を見上げると、

明るい満月の青白い光が夜空に冴えわたり、それは美しかった。 

 縄文の人びとは、電気もテレビもなかったので、日が暮れたら、月

や星を眺めて暗闇の中を過ごしていたのでしょう。 

 星々は今と違って、もっと夜空に、宝石箱を引っくり返したように

あったんだと思う。天の川銀河は鮮明に光り輝いて。


 

 北京の空には今、星々はあるんでしょうか。 

 

  

うつ蝉

平成30年(2018)7月

 

 

 

 地震の後片付けで始まり、長雨と豪雨、炎暑と酷暑、

最後はブーメラン台風だなんて。

 

 今年の7月はひどい7月でした。

なんとか、生き延びたようです。

 

 

IMG_4283 (640x427).jpg

 

 

 

 

 

 

地震

平成30年(2018)6月

 

 IMG_4257 (640x427).jpg

 

 

 

 

6月11日朝、高槻付近を震源とする地震が来ました。

事務所は、枚方市の3階にあるので、本棚の本は飛び出て、

ロッカーの上にあった置き時計や瀬戸物は落ちて割れ、壁

に亀裂が走り、エレベーターが止まりました。書類の入った

13本ほどのロッカーは横揺れで床を移動しました。

 近しい人の人災はなく、ほっとしています。

 

 

 連れ合いがソファに腰かけ「桃太郎さん」や「花咲か爺さん」

の絵本を、隣の孫に読み聞かせています。そして「桃太郎の

きびだんご」の合唱。私は食卓で新聞を広げて個食。

 デジャヴーあるいは既視感のある情景。遠い私の幼き記憶、

子供達が幼い時の思い出。

 

 

 私の住んでいる地域では年2回、6月と11月に、午前中自治会

主催で町内一斉清掃が行われます。

 雨で一週延期になった後、今年は行われました。暑い日で麦わら

帽子をかぶって汗を流しました。

 終わった後にペットボトル1本が支給されます。

 

 

 友人に今年の秋に大谷翔平を見にアナハイムへ行こうと言われて

います。「絶対に、そのために一生懸命貯金するから」と。

構わないけど、長い飛行時間や怖いアメリカの街を想像すると、

ちょっと引いてしまいます。

 ただアメリカの球場はどこも個性的で、規格品でなくむしろ芸術

作品ですごく面白いし、プレイヤーも規格外の人たちなので、興味

がないこともないのですが。 それに観客もお祭り気分ですし。

 困ってます。

 

IMG_4253 (640x427).jpg

 

 

 

 

風香る5月

平成30年(2018)5月

 

 

IMG_4246 (640x427).jpg

 

 

風薫る5月。月末を迎えた今、今月何を

したのかしらんと思う。

 

 

ゴールデンウィークを含め、淡々とした日常

生活でした。スリルもサスペンスもミステリーも

アドベンチャーも、もちろんラブアフェアーズも

ありませんでした。

 

 なんとなく、お天気を気にしたり、光と風が

ここち良く感じられたり、深酒をしたり、そんな

月だったと思います。

 

 それと、家の周りの植木の剪定や雑草の刈り取りも

しました。

 日かげだと吹く風が気持ち良かった。

 

 連れ合いが来月に一週間ほど、手術のため入院する

そうです。

 

 

 

石徹白

平成28年(2018)4月

 

 

 

 今朝の新聞に「日銀2%達成時期を削除、物価目標

持久戦に、決定会合」と見出しが出ていました。IMG_4225 no3(427x640).jpg

 「市中に出回っているお金が現在100万円で、そば

一杯が100円だとしたら、市中のお金を将来200万円

にしたら、そば一杯は200円になるはずだ」という考

えでしょうか。

 5年前に比べてお金(資金供給量)は4倍に増えたの

に物価は上がっていない。不思議ですね。

 金融は門外漢ですが2%に達しない理由をとろい頭で

考えています。

 

ヒルビリィ エレジー(米国のラストベルトやアパラ

チア地帯の、アメリカの繁栄から取り残された白人たち

の挽歌)というノンフィクション本を偶然書棚に見つけ

読み始めました。トランプ大統領の支持者である、貧し

く田舎者だと思われている、また自分たちもそう思って

いる白人たちを少し知りたいと。

 

岐阜県探索の旅は時間を作って続けています。

福井県、石川県、岐阜県の県境にそびえる白山のふもと、

岐阜県側の登り口にあたる石徹白(いとしろ)に行って

来ました。

 4月なのに異常に暑い日、まだ残雪が残る白山中居神社、

清冽で豊富な水の流れ、太い杉林。

 

 白山を源流にして福井県へは九頭竜川、石川県へは手取

川、富山県へは庄川、岐阜県へは長良川へと水が流れてい

ます。積雪が多いので、雪解け水が豊富なのです。

 石徹白は冬、雪に埋もれるので、生活道路は除雪される

そうです。

 (そういえば、高山の知人によると、最近は少子高齢化

で屋根の雪下ろしも大変だそうです)

 

 今回の旅では、木こりの生活(道具や伐採した木材の搬

出の方法など)木地師(椀や木製品を作る人)の仕事道具、

村のかじやの重要性など、雪解け水の豊富さと共に、近世

近代の産業社会の一端が想像できておもしろかったです。

 

 

 

 

 

関取 勢

 

平成30年(2018)3月

 

 

IMG_4172 (640x427) (2).jpgIMG_4199 (640x427).jpg

    

 

 

 

 

今月は大相撲と高校野球の観戦に行って来ました。


 大阪府交野市出身、我らが郷土の関取「勢(イキオイ)」
江戸の大関より故郷(クニ)の三段目、と言います。

 人は故郷の出身者や産物につい、肩入れしますから。
 
 窮屈な4人すわりの升席で、まじかに見える土俵上の、
力士の熱い取り組みを観戦しました。

 相撲茶屋が用意してくれた弁当やあられをつまみ、
日本酒をのみながら、世間話や力士の腹の比較や、野球
やラグビーの話など、たわいのない話をし、時間いっぱい
になり軍配が上がったら、土俵の取り組みに集中しました。

 お目当ては、「勢」関です。同じ町の出身で息子は
勢関と、中学校で同級でした。親近感が湧きます。

 彼の取り組みのときは、席から、星田のイキオーイ!
交野のイキオーイ!と、声援を送りました。

 その日は寄り倒しで勝ちました。

 今場所の成績は11勝4敗の好成績でした。

 星田駅前には、場所中「勢」の勝敗表が、出されます。

 また、星田神社近くの星田会館は大阪場所、春日野部屋の
宿舎になるので、駅や界隈でお相撲さんを見かけます。

 

 高校野球を見に甲子園球場に行ってきました。
天気の良い日でしたので、選抜なのに暑いぐらいでした。

 いちおう麦わら帽子と水筒を持って行きました。

 高校野球は選手がきびきびプレイするので見ていて
気持ちがいいです。それにプロ野球と違って、大概2時間
以内で終わるので、あまり疲れないのでいいです。

 

 

AI社会

 

平成30年(2018)2月

 

IMG_4091 (640x427).jpg


 

 とある町で、連れ合いが卒業したという高校の

そばを通り川のほとりを散歩していて見かけたの

が、右の写真です。 「愛之船」 観光用に遊覧

船を出しているようです。

 

 たまたまAI(人工知能)社会のことを考えて

いたものですから、びっくりした訳です。高度集

積技術の「宇宙船」と波間に漂う「愛之船」とい

うような対比で。

 

 AI(人工知能)は膨大なデータを分析し、学

習能力も(技術者が学ばせるのですが)兼ね備え

ているそうです。

 

 一方、人間が持つ、ねたみ、うらみ、そねみ、

しっと、怒り、愛や恋、もろもろの個人的感情は

未来、どのように扱われるのでしょうねぇ。

 

 AIで数量化して分析し、うまく人の感情を扱

える社会になるんでしょうか。

 

 自動運転の車やバス、一方で人の想いをのせた

「愛之船」、おもしろい取り合わせだと思った訳

です。

 

 人類が「火」を手に入れ、道具として使い慣ら

して来たように、AIやIoT(あらゆるモノが

ネットで繋がる)も私たちの道具の一つになるの

でしょう。

 

 マイナンバーや顔認証や電子申請は、私のよう

なアナログ世代にも、世の中が変化することは容

易に察しがつきます。

 

 銀行通帳も収入も健康保険証も医療カルテも年

金番号も顔も指紋も位置情報も通話記録も購買記

録も、それらもろもろが、データとして収集され

分析される社会は、気持ちが悪いですが。

 

 今は加工した匿名情報として扱っていますが、デ

ジタルデータは「いつも」洩(も)れますし。

 

 憲法改正するとき「個人情報の権利」と入れてお

いて欲しいぐらいですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

謹賀新年

平成30年(2018)1月

 

 

 

明けましておめでとうございます。

 

本年も何卒よろしくお願い申し上げます。

 

IMG_4051 (640x512).jpg

平成30年 元旦

 

 

 


 年末に居酒屋で友人とダべっている折、彼は
最近西行や平家物語を読んでいるとのことでし
た。びっくりしました。
 私の日常生活は、中世や近世、しかも文学作
品とは縁遠い日々ですから。
 そうして彼はドナルド・キーンの著作を読む
ことを薦めてくれました。文章がわかりやすい
と。「百代の過客」がいいと。
 
 私といえば、高校時代「大鏡」を授業で学ぶ
時、古文の文法にヘキエキした記憶があるし、
古文のあいまいな表現にはもうひとつしっくり
と来なかった。それに宮廷のやんごとなき男女
の色恋ざたや権力闘争など。
 漢文の簡潔な表現の方が肌に合った。

 それでも正月、お薦めの作品に挑戦しようと、
年末にジュンク堂で「百代の過客」を探すと分
厚い文庫本と重いハードカバーの2種類があり
ました。文庫本はギッシリと細かい活字で目が
疲れると思い、ハードカバーの新潮社刊・ドナ
ルド・キーン著作集第2巻を購入した訳です。
 444頁、重さ660gあります。

 平安から徳川時代までの日本の日記文学をキ
ーンが解読、解説しているのですが、正月休み
の間に読み通せるものではなさそうです。

 

 毎月多くの月刊誌が届きます。商工会議所や
農協、全国社労士会、大阪社労士会、労働基準
協会、それから仕事関係の専門情報誌などです。

 朝晩日刊紙に目を通し、メールをチェックし、
その上、机に積みあがる上記の月刊誌にも目を
通し、改正になった法律や通達、新しい情報を
理解するのはとても大変。

 「百代の過客」を読み始めて最初に感じた違
和感が、わかりました。
 上記雑誌等は、新聞を除いて皆横書きだった
のです。