イチジクの実

 

令和4年(2022) 8月

 

 

イチジク1.jpg

 

 

数年前に、連れ合いが外庭に植えたイチジクの木は

なかなか、ちゃんとした実がなりませんでした。

それが今年は、豊作でした。

まだ熟していなく、青い実のころは、鳥もよく知って

いて、ついばみには来ませんでしたが、熟してくると

食べに来ます。 カラスなんか、ネットを動かして

食べようとしていたそうです。

 

淡い甘みのイチジクの実を、いただいています。

 

 

いちじく2.jpg

キュビズム

 

令和4年 (2022) 7月

 

 

 7月も終わりに近づくと、日の暮れるのが

少しずつ早くなっているのが、分かります。

 

 ピカソの描くキュビズムの、あのゴツゴツ

した絵を前にすると、いつも途惑います。

昔、美術の先生が人物像も、見る視点を変える

と色々な表情がある、多面な部分が2次元の

キャンバスに描かれている、と言った。 また、

例えば、顔の表情を分解して、それらがキャン

バスに別々に描かれている、とも言った。

 画家たちは、3次元の世界を2次元のキャン

バスに描くため、遠近法とか、光と影とかを、

工夫してきたのでしょうが、視点をバラバラに

するとか、対象を分解するという技法も、有り、

なのかな。

個人的な、好き嫌いは、別にして。

 

 

原爆ドーム.jpg

 

宮島.jpg

 

 

 

 

危機的猛暑

 

令和4年(2022) 6月

 

 

 

梅雨明け宣言の後に、災害級猛暑が来ました。

マスクをしているので、口元が蒸れるし、

息が苦しいです。 フラフラです。

 

避暑に行きたい。 富士山とか、立山とか、

穂高の頂上は、きっと涼しいでしょうね。

でも、登るのが大変そう。

私の体力では、頂上に着く前に、死んでしまう。

 

やはり、エアコン ですね。

 

 

IMG_4959-2.jpg

 

 

 

金縛り

令和4年(2022)5月

 

 

金縛りの 5月

ジリジリと 待つ 5月

 

ラグビーの ラックとモールの

違い オフサイドの ルールを 

学んだ  月でも ありました。 

 

光あふれる 風わたる 笑い声

のある 6月を 願って

 

 

 IMG_4948-3.jpg

IMG_4947.jpg

 

侵攻

令和4年(2022)4月

 

 

 ロシアのウクライナ侵攻は、ある日自分の

暮らしている場所が突然戦場になるかもしれ

ないという、想像を突きつけた。

 

 ある人は子供のため家族のため降伏すべきだ

と言い、ある人は生存と主義のため戦うべきだ

と言う。

 

 またある人は敵が来たら敵の旗を振り、味方が

来たら味方の旗を振るべきだと言う。

 

 恐竜がおのが巨大さ故に環境の激変に適応できず

滅びたように、人類も巨大な知能によって滅びる

のかも知れない。

 

 

IMG_4941-2.jpg

 

 

IMG_4937-2.jpg

 

 

 

 

 

自粛生活

令和4年(2022)3月

 

 

 さすがに、コロナ生活(自粛生活)も

3年目に入ると、疲れます。

 落ち込むというか、ヘコむというか、

ウックツするというか、気が滅入ると

いうか。 いつまで、自粛生活は続くので

しょう。

 コロナ株は、次から次へと変異して行くし。

 

 3月下旬は寒暖の差が激しいし(三寒

四温と言うらしいけど)、それに、雨が

よく降ったりして。

 

 

IMG_4927-2.jpg

 

IMG_4930-2.jpg

 

 

 

ぶったおれる

 

令和4年(2022)2月 

 

 

 今月3日間ほど、吐き気が続き寝込みました。

初日は意識が飛んでいて記憶にありません。

熱は無かったのですがオミクロンにやられたのか

と疑い抗原キット検査をしてもらいましたが陰性

でした。胃酸の逆流とか下痢もありました。

 

 突然ぶっ倒れたような感覚でした。

 

 

 

IMG_4925-2.jpg

 

 

謹賀新年

 

令和4年(2022)1月

 

 

 IMG_4917-2.jpg

 

 

 明けましておめでとうございます。

本年もよろしくお願いいたします。

 

 

 コロナ禍の早く終わることを、心より

祈念いたします。

 

 

 

 去年12月に軽い手術をし、今月1月も入院

手術をした。 それに伴いPCR検査も受けた。

オミクロン第3回ワクチン接種も済んだ。

 

 ほんとに大変。

 

 

 

 

 

 

 

オミクロン

 

令和3年(2021)12月

 

 

 

 新型コロナウイルス「デルタ」株で

始まり、新型コロナウイルス「オミク

ロン」騒動で終わるという、一年でした。

 

 今年もスタッフや会員さん、その他大勢

の人に助けられてなんとか年末を迎えること

が出来ました。 ありがとうございました。

 

 皆さま、良いお年をお迎えください。

 

 

 

IMG_4912-1.jpg

 

 

2.jpg

 

 

 

この秋がゆき

 

令和3年(2021)11月

 

 

 

 

 あくせく日々を過ごし

ジリジリとなーんもしなくて

秋が過ぎてゆきます。

 

 残された時間を思ったりして。

 

 

 

IMG_4906-2.jpg

 

Buffaloes リーグ優勝 バンザイ

 

令和3年(2021)10月

 

 

IMG_4889-1.jpg

 

 

 

オリックス・バッファローズ、リーグ

優勝おめでとうございます。 

バンザイ、ばんざい 万歳 \(^o^)/。


 2,3年前までは左へ流し打ちしかできなかった

宗 佑馬(むね ゆうま)なんか、引きつけて

ライトスタンドにホームランが打てるように

なったし、コンバートされた3塁の守備なんか

すごい。

 眠れる大器、チーム最年長のGo!Go!岡田

なんかは打率はそれほどだけど、ここぞという

勝負どころではちゃんと快打を打ってくれるし、

うれしかったなぁ。

 



 事務所の決算月のあとなので、今月は

税理士さんと打ち合わせをしたり、通常総会

をやることに。

 消費税・法人税等の確定申告をし、5枚の

納付用紙による納税。

 大阪府商工労働部へは決算関係書類

提出。そして、法務局へは2年に一度

役員変更などなどなど。 


 まあ、順調に進んでいます。




IMG_4883-5.jpg




中秋の名月

令和3年(2021)9月

 

 

 

 夜明け前、4時ごろ目が覚め手洗いに立ち、帰りに

カーテンを開け窓の外をのぞくと、西の空に大きな中

秋の月があった。きれいだった。なんか、得をした気

分になった。

 夏の名残か、日中は直射日光がきつい日が続いていま

す。

 今月は事務所の決算月でした。

 

 

IMG_4867-2.jpg

 

 

IMG_4874-2.jpg

 

 

 

アフガニスタン

 

令和3年(2021)8月

 

 

 

 

 王政が廃止され共和制に移行した頃、まだ

ソ連の侵攻やアメリカ軍の駐留が始まる

以前の時代に、私は一人バスを乗り継いで

アフガニスタンをしたことがあった。

 南部カンダハルの街で、夕方郊外を散策して

いた時、人気のない石材の散乱する荒れた寺院の

前に一組の座り込んだ物乞いを見つけた。夫と妻

とその息子と思われる4・5歳の子。

 近づくと男は病をわずらっていた。女もやはり

わずらっていた。一目でそれはレプラ(ハンセン

病とも呼ばれる)と気づいた。

 ゆがんで傷ついた容姿の男。汚れた布で頭を

おおう、くずれた女の、物乞いを願う目。寄り

う子。

 私は、この家族の将来を想い子の未来を考え、

荒涼とした廃墟のかたわらで彼らを見下ろしな

がら、何もできない自分を感じつつ、そのとき

慟哭に似たうめき声しか出せなかった。

 

 

 

IMG_4862-3.jpg

TOKYO 2020

 

令和3年(2021)7月

 

 

 

 梅田のヨドバシカメラより、現在ポイントが6135

あり、7月31日にそのポイントは失効すると、ハガ

キが来ました。

 大阪市内には外出自粛でずいぶん長く行っていま

せん。2回ワクチンは打ってもらっているので多少

は大丈夫かなと思う反面、最近は外出がおっくうで。

 6,135円を無駄にするのは、少し残念かな。

 

 東京オリンピック2020が始まりました。しばらく

の間テレビや新聞、マス・メディアはオリンピック

一色になるでしょう。

 オリンピックは、例えると「金主」がアメリカの

テレビ局で、「元請業者」が国際オリンピック委員会。

政府、東京都、日本オリンピック委員会、国民(費用

負担者)等は「下請け」「孫請け」なんですね。

 参加選手の位置付けは、どうなのでしょう。エンタ

テイナーなんて言ったら叱られる。

そんな時、無給労働者(ボランティア)の立ち位置は?

 

 東京のお祭りなのだから、都税で処理してほしいです。

国税を使うのはルール違反です。言い換えると東京都

の「都税」でまかなえるぐらいの規模が、本当は適正

なのかな。

 

 コロナで、当初言われた経済的相乗効果は吹き飛び、

赤字が残る大会になってしまったようです。

 

 それにしても、

 選手の皆さん、感動ありがとう!! 




IMG_4851-2.jpg


 

 

オリックス・バファローズ

令和3年(2021)6月

 

 

バッファローズ.jpg

 

 

 今月異変が起きました。フアンであるオリッ

クス・バッファローズが6月6日から突如11

連勝したことです。

バッファローズは、シーズンが始まって毎年

4月か5月には、「今年も駄目か」と思わされる

チームなのです。毎年Bクラスなのです。

 今年の6月は違った。現在、パ・リーグトップ

を走っています。信じられます?

 それで夕食後にウイスキーを舐めながら、テレビ

中継を観戦していました。

 最後に中嶋監督の談話、そしてお立ち台のヒー

ローインタビュー。ヒーローの選手と同じように

気持ちが良かったです。

 京セラドームと甲子園球場、今年の秋にはどんな

結末が待っているのでしょう。つまりコロナ禍の

なかで。 ありえない夢想を思い描いています。

 多分、こんな高揚感は、今月だけのことなんで

しょうが。(弱気ですね 笑 )

 

 

さつき

 

令和3年(2021)5月

 

 

IMG_4844-2.jpg

 

 

 月初めの風薫るゴールデンウイークはステイホームで、

なんもしませんでした。

 家の廻りの植木の剪定とか草むしりとか。ジイーと日々

耐えていました。

 

 コロナ対策は国民の70%ぐらいまでワクチン接種が進み、

集団免疫が出来たら、昔の日常に戻るのかなぁと思いつつ。

 

 そして例年になく早い梅雨に入りました。雨に濡れる日々。

 

 そしてスーパームーンの月蝕もあいにくの曇り空でうちの

からは見えませんでした。楽しみにしていたのに。

 

 サツキは例年通り各所で咲いています。

 

それにしても鬱屈したストレスの多いツイていない、5月

でした。うんざりです。

 

 それから明日、コロナワクチン第2回目接種です。

 

 

IMG_4845-2.jpg

 

 

 

昭和の日

 

令和3年(2021)4月

 

 

IMG_4834.JPG

 

 

 

 コロナばっかりの4月でした。うんざりします。

いつ私がかかっても、おかしくない毎日です。

じっーと暇な時間を過ごしています。

 

 ボーと今は亡き父が帝国陸軍下士官として遭遇した、

あるいは生き延びた、5・15事件や日中戦争、第2次

世界大戦を考えたりします。

 

 石家荘での八路軍との白兵戦、ビルマでのみじめな戦い、

例えば、制空権を敵ににぎられているので、泥水を煮沸

消毒しようにも、煙が立ち上るので火を起こせないという

現実。あるいは、敗戦をいち早く知り、ビルマから軍票が

使える中立国タイへの逃亡、武装解除後のベトナムでの

捕虜生活。家の引き出しにはずっとキニーネ(マラリア

の特効薬)があった。

 ジョン・ハーシーの「HIROSHIMA」と永井 隆の

「長崎の鐘」を父の書棚で見つけた記憶。

 あるいは、父が夜中にたまにうなされるのは仕方がない。

ついこの間まで殺し合いをしていた人だからと言った、

母の言葉の思い出。

 

 あるいは、母の皇紀2600年の祝賀行事での、神戸港

での艦隊の観閲式での思い出。あるいは、戦時医療ひっ

迫下での長男の2歳での死、その悲しみ


「などて、すめらぎは、人となり、たまいしや」50年

前の三島由紀夫の暴挙の理由を考えたりして、戦後

生まれの私はその違いに、ぼんやりします。

 

 「台湾海峡の平和と安定」。蒋介石の日記原本(祐

書いたと思う)を目にした時に感じた、彼は単な

馬賊の頭領や軍人だけでなく、深い知性も合わせ持

政治家だったんだという感慨。あるいは台湾での

テロと弾圧。あるいは、政治犯として緑島で刑を過

ごした連れ合いの従兄。

 あるいは、蒋介石総統の国語(中国語)でのスピー

は、彼が浙江省出身だったので、発音が分かりに

くく、意味が分かりづらかったという、連れ合いの

子供の時の思い出。

 

コロナは、余計な時間を私にくれる。

 

今日は「昭和の日」です。

 

 

IMG_4837.JPG

近江鉄道への旅

 令和3年(2021)3月

 

 

近江鉄道.jpg

 

 

 ずっと部屋にこもっているのもシャクだし、天気も

良いし、先日、新聞で目にした赤字の「近江鉄道」と

やらに乗ってみようと、思いたった訳です。

 学研都市線で終点の木津(京都府)に行き、大和路

快速で一駅先の加茂に移動。関西本線の2輌編成電車

に乗り換え伊賀上野を過ぎ、三重県の柘植(つげ)に。

そこで草津線に乗り換え、貴生川(きぶかわ)で下車、

同じ駅内にある近江鉄道改札口で、ちゃんと改札鋏が

入った「紙」切符を購入。一駅先の水口城南駅(みなくち

じょうなんえき)で下車。甲賀(こうか)市役所を遠くに

眺め、街を歩き、西友のフードコートで遅いカツ丼昼食を

いただき、また同じ鉄路で帰って来ました。単線の、上り

下りの待ち合いの、乗り継ぎに30分や40分待ちという、

早咲きの桜や木津川の渓流、杣川(そまがわ)の清流など

を、車窓から眺めながらの、ローカルで、のどかな電車の

旅でした。

 

貴生川.jpg

お金との付き合い方

 

 

 

 私はいくつの頃、いわゆる金銭について教育を

受けたのだろう。金銭にあまり縁のなかった親は

お金の話を家で多く語らなかったし、むしろ金銭

の話は下品の部類に入っていたように思う。

 学校でも特に、学んだ記憶はない。お金の使い方

お金の増やし方、お金の管理の仕方、お金の稼ぎ方

銀行からの借り入れ、知人へのお金の貸し方など、

勉強として学んだ経験は乏しい。

 ましてや連帯保証人や手形の裏書、相保証など実

人生で出会う言葉は、どこで学んだんだろう。

 お金との付き合い方は、むつかしい。

「お金」は「労働」と同じくらい不思議な存在です。

 

 

 

IMG_4824.JPG

 

 

在宅勤務

令和3年(2021)1月

 

 

 年賀状.jpg

 

明けましておめでとうございます。

 

本年もよろしくお願いいたします。

 

2021年 元旦

 

 

 関東4都県の緊急事態宣言の折、東京都知事が

7割までの在宅勤務を要請しているのをテレビで

見た。「えッ! 首都圏では、やろうと思えば7割

で在宅勤務ができるんだ」という驚きです。

 それじゃ、今までなぜ勤労者はわざわざ交通機関

や車で職場に向かっていたの?

 働き方改革の地殻変動が起きているようです。

 

 うちの事務所で在宅勤務を考えてみましたが、まだ

無理のようです。会員企業や顧問先にそれだけの設備

がととのわないと。また役所のすべてがオンライン化

しないと。

 在宅勤務やサテライト勤務が可能な社会は、郵便が

無くなる社会なんでしょうね。

 

 

 

お世話になりました

令和2年(2020)12月

 

 x'mas.jpg

 

 コロナで始まりコロナで終わる1年でした。

そしてまだ、続いています。

 

 今年も、皆様にはお世話になり、ありがとう

ございました。

 

 来年もよろしくお願いします。





白樺

令和2年(2020)11月

 

 

 

道路.jpg

 

 

 

 日が暮れるのは5時前で、仕事が終わって帰るころには、

外はすっかり暗くなっている。日の出は7時近くなので、

目が覚めても、外は暗い。

 

 昔、ひと夏をフィンランドの町で過ごした。

一週間ほど白夜が続き、つまり太陽が照り続け、夜を

懐かしく思えるほどだった。

 ストーヴの火を起こすとき、日本では当時新聞紙を

よく使っていたが、あちらでは白樺の皮に火をつける

ことを教えてくれた。

 サウナや湖や、馬に小指の先を食べられたと言って

自分の手を見せてくれた少女や、ペトリやシルパや、

人の気配のない大地を思い出す。




花.jpg

 

 

 

 

 

修繕

令和2年(2020)10月

 

 

 

 このオレという機械は、修繕しつつとはいえ、

あと何年ぐらい動くのかなぁ。

 薄明かりの夜明けに目覚め、布団の中で慢性の

腰痛を伸ばし、縮こまった体を動かし、思う。 

 親父は老化を、体が少しずつ壊れていく状態、

言っていた。

 季節は急に、冬に向かっているようです。

 

 

 

 

 

IMG_4797菊.jpg

IMG_4792.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

基本的人権と自由権

 

令和2年(2020)9月

 

 「著名活動家を一時逮捕」 「デモにおいてマスクの着用を禁じた

覆面禁止規則に違反した疑いで」 これに対して著名活動家 K氏は

「何が起きても自由のために戦い続ける」日経2020.9.25日付朝刊の

記事の抜粋です。

 K氏の、何が起きても自由のために、の自由とは、個人が勝手

気ままに行動すると言う時の自由とは違い、国家権力(香港の場合

は中国共産党かな)の、束縛からの自由という意味です。

 日本国憲法から「自由」を類推すると、第18条(奴隷的拘束及び

苦役からの自由)第19条(思想及び良心の自由)第20条(信教の

自由)第21条(集会・結社・表現の自由、通信の秘密)第22条(居住・

移転及び職業選択の自由、外国移住及び国籍離脱の自由)第23条

(学問の自由)などです。

 英国の慣習に慣れ親しんできた香港の人たちは今回のことで、ずい

ぶん面食らっているでしょうね。

  私は今「基本的人権」と「自由権」という概念で、中国共産党を

眺めています。

 

 日本国憲法でいえば、私は20代の頃は貧しかったので、言い換

えると、好き勝手に生きていたので、日々の心の中は常に生き延びる

ことでした。

 だから憲法第25条第1項(生存権)、第2項(国の社会保障的義務)

と関連する仕事を、どこかで選んだのかもしれません。

 

 先日、気晴らしに岡山県高梁市にある山城の備中松山城に行って

きました。 帰り、町でキャンペン中のB級グルメ 「トマト・インデアン

焼きそば」という不思議な一品を食べてきました。

 

 

 

IMG_4782-2.jpg

 IMG_4779-2.jpg

 

 

 

 

 

突発性難聴

令和2年(2020)8月

 

 

 

 8月の第5週に入って、突然、突発性難聴をわずらい

ました。

 最初、頭の中が「ボーン」として音が聞きづらいなと

思いました。すると右耳が全く聴こえないのに気づきまし

た。耳の中に水が入って、なかなか取れない時のような

状態でした。頭の中で音がエコーするし、唾を飲み込んで

も、どうも頭の中の具合が悪い。右耳の奥が痛い。

 夕方近くの耳鼻科に行くと、紹介状を書きますから、すぐ

に大きな病院に行ってください、時間が経つと手遅れになり

ますとのこと。

 翌日市立ひらかた病院へ行くと、外来から即入院になりまし

た。受付、初診受付、検査A、検査B、検査C、血液検査、レン

トゲン撮影など、それぞれの所で次に回る所を口頭で指示して

くれるのですが、慣れないので、これが聴こえない。右側から

言われると全く聴こえない。

 月を超えて結局8日間入院し、ステロイド点滴を毎日受けまし

た。そして、退院しました。ステロイド点滴の効果は3ヶ月、6

ヶ月後に効果(?)が出て来るそうです。

 3分の1は治り、3分の1は聴力の低下に繋がり、3分の1は治ら

ないそうです。

 医師に、波があると思うので一喜一憂しないようにと言われて

います。

 しばらく通院が続きます。あらゆるストレスから、身を遠く

置くつもりです。

 

 

 

IMG_4778-3.jpg

IMG_4766-3.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

長い梅雨

令和2年(2020)7月

 

 

今年は、長い梅雨です。雨ばかりで蒸し暑いし、

体がしんどい。逆に、猛暑続きも嫌ですけどね。


 今月は「あること」について、一生懸命考えたん

ですが、結局「解」は分かりませんでした。こんな

こともあるでしょう。


 社会保険の算定届作成、労働保険申告書、それに

コロナによる雇調金の問い合わせと申請等、事務所

の中は忙しかったです。売り上げは減少してますけど。






IMG_4731.png

IMG_4723.jpg








神社巡り

令和2年(2020)6月

 

 

 

 今月もコロナの月でした。というより、コロナ生活が日常化

しました。 マスクの着用、手指の消毒、食堂での透明ついたて、

ビニール幕越しの支払い、新規感染者数の毎日の確認、生きてい

る間にこんな事を経験するなんて。

 父母から聞いた、1935年から1945年までの、日中戦争から第2

次世界大戦を生き抜いた人々もこんな風に日常生活が変化したんで

しょうね。でも、死者数はずっと多かったでしょうし、死と隣り合

わせで、飢餓にも苦しんだでしょうから、今回のコロナはたいした

ことないか。

 飲み屋に行きにくく、他府県への旅行もはばかれるので、つい家の

近くをブラブラすることになります。

 今月は京阪枚方市駅近くの「意賀美神社」と道に迷って出くわした、

枚方村野の鎮守の杜「村野神社」を写真に撮りました。二つとも小高い

丘の上にありました。

 今後、家の近くの神社を少しずつ回ってみようかな、由緒書きを読むの

も楽しいし。

 

 

 

村野.jpg

意賀美.jpg

 

 

 

 

 

 

コロナな日

令和2年(2020)5月

 

 

 

 今年5月は、休日もゴールデンウイークも、じっとして

いました。野崎参りも、くろんど池への散策も行きません

でした。鉄道旅もドライヴにも出かけませんでした。そし

て代わりに、ご町内を歩いたり、庭のガーデニングをしま

した。 あるいは、酒とたばことコーヒーが増え、連れ合い

に叱られながら冷蔵庫の中の物をつまみ、地上波とBSとケー

ブルテレビを、チャンネルを握ったまま、飽きず眺めた日々

でした。

 健康と不健康が折り重なったホームステイでした。

 

 東京発の情報、例えば渋谷スクランブルや新宿の情景、威勢

のよすぎる政府発表のニュース画面などは遠いうわの空で、逆

に関西の情報、大阪府知事の発信などは、現実的で身近でした。

 本当に、人と会うことが少なかった。

 

 新緑の ホームステイや コロナな日

 コロナな日 ガーデニングに 風薫る(じろう)

 

 

 

IMG_4708.jpg

 

 

 

 

コロナ禍

令和2年(20204 

 

 

 

コロナ禍が続いています。 

なかなか終息しませんね。 終息には 

2年ほどかかるとテレビが言ってました。 

 郊外に暮らしていると、のどかなGW

の風景が広がります。行きかう人はみな 

マスク。 

 うつさない うつされない を守りたい 

と思います。


  



 

 IMG_4697-4.jpg

IMG_4701-4.jpg



 

    

戒厳令下

令和2年(2020)3月

 

The novel COVID-19 outbreak.

武漢肺炎冠状病毒疾病衝撃全球

東京五輪延期に。

 

 桜が咲き始めたのに戒厳令下にあるように

外出ができません。居酒屋で、たわいのない

話で盛り上がりたいのに。

 この災厄(ウイルス)の意味を形而上学的に

感じるのか、あるいは、今朝の新聞で目にした

「我々は今までに見たことのないショッキング

な経済データを目にすることになるだろう」と

身構えるのか。

 まぁ、淡々と日常をこなしていくだけです。

得意の「その日その日をお気楽に送ることを第一

となす」と。

 

 

 IMG_4659-4.jpg

IMG_4668-4.jpg