霧社(むしゃ)事件 (注1)

平成22年(2010)2月

 

先日、台湾に用事があり、向こうに行った折(病気見舞い)、
戦前の日本時代に起きた台湾原住民による抗日事件の場所に、
寄ってきました。

場所は台湾の中西部に位置し、「霧社」という所です。
曲がりくねった山道をバスで登り続け、海抜は1,148m、IMG_1930.JPG
周囲を3,000m級の高い峰に囲まれた小さな平地で、一番大き
な建物は警察署かと思えるほどの、街道筋の街でした。

最初の私の素朴な疑問は、なぜこんな山奥にまで、当時日本
人は分け入って、生活の場を求めたのだろうか、というもの
でした。
農業をするにしても商業・工業をするにしても、こんな辺鄙な
ところまで、分け入る必要があったのかなぁ、という疑問です。
下の大きな街まで、当時歩いて2日かかったといいます。

バス停のそばのテント張りの店で野菜を売っている人達と話を
しました。
家族や兄弟が山の中で野菜を作り、ここで売っているとのこと
でした。

話をすると、その人達は、台湾原住民の、いわゆる山地同胞と
いわれる(日本時代は蕃人、後に高砂族)人達で、多くある部族
の中のタイヤル族の人達でした。霧社はタイヤル族の地域です。

当時の日本人は山の中で暮らしている人達に町や学校や公共施設IMG_1918.JPG
を造るに当たり、材木を何日までに何本とか、かなり過酷な要求
をしたりしていたようです。警察権力で住民の不満を押し殺そう
としていたようです。

野菜を売っていた女の人に聞くと、私達は親達が日本時代に教育
を受けたので、日本人自体を恨んではいないが、日本人はかなり
ひどいことをしたと思う、とおしゃいました。
蜂起した人達は手の甲に穴を開けられ針金を通され、いま警察署
のあるあたりに穴を掘らされ、その中に埋められ、上から土をか
ぶせられた、とおっしゃいました。

また、こうもおしゃいました。
当時のタイヤル族の人達は、霧社にいる日本人を殺せば、日本人IMG_1915.JPG
がいなくなり、昔のタイヤル族だけの平和な環境に戻ると思って
いた。彼女の言葉で言えば、彼らは「社会」を知らなかった。

日本的にいえば、日清戦争で台湾が日本領土となり、総督府が置
かれ、警察、軍隊があり、台湾政策がとられていたわけで、タイ
ヤル族の人達の当時の世界と、東京が考える世界は自ずから異な
っていたことでしょう。

バス停から5分ぐらいのところに、霧社山胞抗日起義紀念碑の建つ
公園があります。先ほどの婦人の話では、日本が中華民国・台湾
と国交を断絶し、中華人民共和国と国交を結んだ当時、この碑は
建ったそうです。

霧社事件の起こった公学校跡は今は台湾電力の建物になって
ました。

いつまでたっても、奥深いこの霧社は、政治的ですね。

 

(注1)

@日清戦争のあと、下関条約で台湾は、1895年(明治28年)
日本に割譲された。

A1930年(昭和5年)10月、モーナルーダオに率いられたタイヤル
族の蜂起部隊(霧社11集落、約2200名のうち6集落の300人)は、
霧社分室管内の各駐在所を順次に襲撃し、巡査とその家族を殺害し
、武器を手に入れ、運動会中の公学校を襲った。

B日本当局は警察、軍隊を投入し、蜂起に参加しなかったタイヤ
ル族を先頭にさせ総攻撃した。航空機、毒ガス弾も使用し、50余日
で鎮圧した。

C翌年、投降者を殺害した。(第2霧社事件)

D残りの者も、「帰順式」の席上で秘密裏に処刑した。


 

謹賀新年

 

平成22年(2010) 1月 

 

 

 新年を迎え、皆様の益々のご多幸とご健勝を

  お祈りします。

  本年もよろしくお願い申し上げます。 IMG_1862-1.JPG