労働契約法改正

有期労働契約の新しいルールが出来ました

有期労働契約とは、1年契約、6ヶ月契約など期間の定めのある労働契約をいいます。
アルバイト、パート、派遣・契約社員など形態に関わらず、有期労働契約で働く人であれば、新しいルールの対象となります。

(1)無期労働契約への転換
同一の使用者との間で、有期労働契約が反復更新されて通算5年を超えた時は、労働者の申込みにより期間の定めのない労働契約(無期労働契約)に転換されます。
(※平成25年4月1日以降に開始した有期労働契約からのカウントです。)

(2)雇止め法理の法定化
最高裁判例で確立した雇止め法理がそのままの内容で法律に規定されました。
契約期間の満了時にその有期労働契約が更新されると期待することについて合理的な理由があると認められる場合や、雇止めが無期労働契約の解雇と社会通念上同視できると認められる場合は、雇止めが「客観的に合理的な理由があり、社会通念上相当である」と認められない限り、無効となります。

(3)不合理な労働条件の禁止
有期契約労働者と無期契約労働者との間で、期間の定めがあることによる不合理な労働条件の相違を禁止しています。

 

厚生労働省HP